プレバト 俳句

査定 添削 夏井いつき  今回は 林修 さんが俳句に挑戦 お題は 第一問「黒板」で一句 ・望月や無駄一つなき我が板書  才能あり 基本の形をきっちりしている 中7が少々自慢 説明し過ぎ 一つを落とす  → 望月は明し無駄なき我が板書 第二問「白米」で一句 ・おつかいんの坂や新米二十キロ  才能あり おつかい で 子どものイメージ 前半の展開がシンプル 後半は 季語と…

続きを読む

プレバト 水彩画

今夜は3時間 まずは 水彩画コンクール だった   優勝は 光宗 薫 の 「起点で待つ」 日本橋 有名なのは 麒麟の像 作者弁 ポイントは見上げたときの迫力 麒麟の像に力を入れて描いた  評価は 満点  良い点は 実物は暗い像だ明るく描かれている まずは 像に目がいき 次は緑の木に移り また 像に戻る 動きのある構図 野村先生が 負けを認めた 傑作となった 俳…

続きを読む

参拝

時折雨がパラパラ降っている そんな中 朝一番で用事に出掛けた 話がスムーズに進み 思いのほか 早く済んで 一安心 雨も 大したことなさそうなので ちょっと遠回りをして 車を走らせた 神社があったので お参りをすることにした ”二礼二拍手一礼” の作法が なかなか身につかないが 確かめながら 参拝した 願い事が 叶いますように・・・    

続きを読む

下手でいい 下手がいい

先日来より はがきに庭の花を描いている ほんのちょっとの時間 草取りの合間に 描いている 今日は 紫苑の花  紫色の花が風に揺れて 美しい いつものように上手く描けないけれど 絵手紙風に 何か言葉を添えたい  これが また 難しい~  小池邦夫の ”下手でいい 下手がいい” に元気をもらって 懲りずに描いている 

続きを読む

敬老の日

今年も 敬老の日のお菓子をいただいた 母への贈り物なのだが 母は後で ということになり お相伴の私たちが 喜んでいる   まずは大きな最中が 目に入る・・・さっそく一休みして いただくことにしよう こういう時は日本茶 なんだけど 若い?人は コーヒーがいいかな? 元気が出たところで もうひと頑張りしよう!  敬老の日でもなんでも しなくてなならない事が…

続きを読む

彼岸花

雨が上がったので 庭に出た 庭の隅に 緑が濃くなって居る場所がある ずっと気になっていたので 今日こそはと近くに寄ってみると 真っ赤な彼岸花が咲いていた 今年は咲かないと諦めていたら いつもと違う場所に咲いていた 根が 土の中で 移動しているのかな? 彼岸花といえば 歌会会場の入り口の植え込みに 彼岸花の一群があった 真っ赤なまつげを跳ね上げたような花…

続きを読む

クロスワード640回

パソコンの調子が悪く 手間取ってしまった タテ1〜 あまのじゃく ダニ たらちね ヤニ マジ切れ 精度 イガ 最大級 シャモ 破れかぶれ サルスベリ エッチ 伊達 既成事実 口コミ 鮎 達人 タテ28〜 ログキャビン 納言 組合 右折 草津温泉 横須賀 固定客 カンタータ 万国博 臼 うわて 火事 嫡子 文体 フリー 誤算 つけ マン かり ヨコ1〜 安達太…

続きを読む

墓参 

今年の秋の彼岸入りは19日だそうだが いろんな都合で今日お墓参りに行ってきた 早いかなと思いつつ 歩いていると 何組かに会い 挨拶を交わした 手には同じような供花を持っていた お寺の前の花やで求めたらしい 家でも 花やで 菊 カーネーション りんどうの束を買い それに 庭の紫苑を加えた 墓石の横には ピンクの百日紅が咲いていて 華やいで見えた    そういえ…

続きを読む

プレバト俳句

お題は「たまご」の写真で一句 査定・添削 夏井いつき 昇格試験 特待生一斉査定 黄身混ぜる汝も吾も真顔薯蕷(とろろ)汁 1ランク昇格 → 薯蕷はひらがなで とろろ 秋暁に肘掛けで割る茹で卵  現状維持 必要な言葉を入れ忘れている バスの肘掛け → 秋暁のバス肘掛けで割る卵 長き夜や黄身ゆるやかに殻を離るる 5・7・7 1ランク昇格 スローの映像の描写がいい→下5を…

続きを読む

万歩計

万歩計を買った 何個目だろう いろんな機能のあるものは 使いにくいので 今回は 一番シンプルなものにした そのため 毎朝 楊子で リセットしなくてはならない 記録の機能ないので・・・その日限り・・・ まあ それはいいとして 今日は 万歩計のために?歩くことにしよう でもただ歩くのは苦手なので 買い物に 歩いて行った おかげで 久しぶりの9000歩…

続きを読む

プレバト俳句

お題は「イヤホン」の写真で一句 査定・添削 夏井いつき 9月10日放映分 二位 無線絶え耳に風 見上げ、月 あえて中5音 読点が効いている 遭難したかのような印象 絶えがいい センスがいい 四位 帰り道君とあいみみ夕月夜 あいみみ 君とイヤホンを分け合って聴く 帰り道が問題 →例えば 長身の とか 大股の 三位 イヤホン分け笑う兄弟夜半の秋 状況はいい 微笑ましい 季語…

続きを読む

サルスベリ

今日は サルスベリ(百日紅)を描いてみた 実際はもっと華やかに 赤々と 咲いている 上手く絵に出来なくて 恥ずかしい~  ちょっと地味になってしまった せめて 本数を増やせば良かったかも・・・ 百日間 咲き継ぐといわれているので まだまだチャンスはあると思う またの機会に挑戦しよう

続きを読む

シュウカイドウ

朝一番で 庭の手入れをしていたら 雑草に混ざって シュウカイドウ(秋海棠)が 咲いていた 大きな葉っぱに小さな花 いつ見ても可愛い~ ちょっとうなだれて居るところが また いい 庭隅に ひっそり咲いている シュウカイドウ 子どものころの庭にも咲いていた思い出の花  例によって上手くないが・・・描いてみた・・・    

続きを読む

クロスワード639回

朝から曇り だいぶ涼しくなってきた 庭掃除も気になるけど まずは クロスから・・・ タテ1~ サヨナラ勝ち・野尻湖・かやく・湾・落着・シーン・都々逸・モカ・ドラマ・ローマ数字 ファックス・一瀉千里・ジルバ・米麹・新開地・神父 タテ25~ リズム・特許庁・輪転機・召人・気骨・農地・コアシステム・閏年・有為転変・素顔 ベーシック・居直り・新築・トナー・インク・あ段・ベ…

続きを読む

プレバト俳句 

お題は「箸」の写真で一句  9月3日放映分 査定・添削 夏井いつき 三位 いくもの月乗り越えて夫婦箸  月がわからない 月を立てる句にする → 幾とせの月よ今宵の夫婦箸 四位 箸難し泣く子が仰ぐ流れ星 星にお願いという発想が陳腐 仰ぐは不要 → お箸むずかしいと泣いて流れ星 二位 夏の風邪祖母の特盛りハンバーグ メニューに意外性 思い出 体験はいい句になる → 夏風邪や…

続きを読む

クロスワード638回

急がなくっちゃ ・・・  タテ1~ 処世術・おかみ(女将)・紺・仏頂面・餌食・すべ(術)・停車場・家・つくね・雲隠れ いゆう(畏友)・右四つ・巡査・幸・オンライン・美男子・無駄遣い・加賀 タテ26~ お家芸・近距離・三毛猫・しし唐辛子・赤字国債・卵黄・甲・家移り・皿洗い・千鳥足 ダリ・免訴・メンチ・しのう・滂沱・ダニ・寄与・族 ヨコ1~ 塩昆布・エステティッ…

続きを読む

出掛けよう!

出不精の私が 急に 出掛けることになった 残暑が厳しいので 少し 涼んだらどう?と誘われて 重い腰を上げることにした 思い切って出掛けよう! 久しぶりなので 準備に忙しい~  忘れ物はないかな? 何度も荷物を確かめている 修学旅行生みたい?

続きを読む

クロスワード637回

また 暑くなりそう 急がなくっちゃ・・・今週はどうかな? タテ1~ 和気あいあい・カカオ・バネ・まっぴらごめん・組み手・猿・灰寄せ・匙・抜粋・食わず嫌い ブイサイン・禄・運河・ゴー・クロコダイル・カステラ タテ26~ 水引き・鴨南蛮・いばら・ウラン・甘党・外来・イグアスの滝・新体操・出不精・一番乗り 振り子・駄句・茶断ち・決まり手・桃・味方・鴨居・伊予・よん・真似…

続きを読む

残暑見舞い

母へ残暑見舞いを描いていたが 今日は30℃に満たない曇りの日だった そんなに暑くないし 今 これを渡すのはどうかな?と思いながら・・・ まあ せっかくだから渡したら 綺麗! と喜んでくれた いつも 上手く描けないのに なにか描いては 見せたくなる 母もそれがわかっているらしい 必ず 褒めてくれる いくつになっても 褒められて 喜んでいる私 次は もっと…

続きを読む

プレバト俳句

お題は「コンビニのホットスナック」の写真で一句 査定・添削 夏井いつき 二位 ビニール越し「温めますか?」虫時雨  今だとわかる句 伝えたい事がすべて入っている 直しなし 四位 夏夜に一人きらめく提灯君のせい 不要な言葉が多い きらめく → 君と見たかった夜店の灯に一人 三位 宵闇のホットスナック準備中 宵闇の季語がいい 特別な発見となる 直しなし 一位 秋高し肉…

続きを読む

モミジアオイ

昨日は病院に行ったり 買い物に行ったり 短歌を投函したり と忙しかった 今日もまた前からの約束した用事が二つあり 外出した 長い時間ではなかったが 暑さのせいもあり 疲れてしまった  家に帰って クーラーの効く部屋で ただただ ゴロゴロ グタグタしていた こういうときは 寝転んで 数独?読書?と思ったが それも出来ない 庭に目をやると 太陽がギラギラする中に…

続きを読む

マチスの絵

原田マハの 「うつくしい墓」を読んだ マグノリア(タイザンボク)のマリアと呼ばれた娘 マチスの死に衝撃を受けて修道女になるという人物を リアリティに描いている ・・・ では どんな絵を見たのだろうか 調べてみたら この二点 ではないか? マグノリア一輪の絵から 作者のフィクション 本当に作家って凄い! 他にもドガ セザンヌ モネなどの巨匠を 召使い 画商の娘 モネ…

続きを読む

今日も今日とて

暑さが収まった3時過ぎ 曇ってきたので 庭に出た 今日も今日とて 庭木の手入れと草取りを始めた 10分位経ったころ 雨がポツポツ降ってきた これは 運がいい?なんちゃって ハサミやノコギリを片付けていたら 雨が止んだ! な~んだ これは ・・・ もっと続けるようにということらしい 仕方なく?また 作業の続き 塀にからまったツタを伐っていると 蟻が害虫が…

続きを読む

プレバト俳句

お題は「カレーライス」の写真で一句 カレーライスは季語ではない  査定・添削 夏井いつき 3位 白服にカレー飛ぶとておかわりし 飛ぶとては不要 おかわりしはあいまい → 白服にカレーものともせずおかわり 2位 からいからい汗拭う顔笑い皺 夫という情報を入れる 語順をかえる → からいからい笑う夫の汗の皺 4位 テント張り蚊遣火まさるカレー香 いろいろ入れすぎる → テン…

続きを読む

クロスワード636回

昨日よりは少し涼しい~かな? 早朝 庭の手入れを一時間 きりがないので今日はこれまでとして クロスを! タテ1~ 三保の松原・ズロース・ソロ・ビクニ(比丘尼)・七つ道具・まし・呼びかけ・ウール・補佐・運試し 出物・渡航・男・水洗い・ぼろもうけ・あきれ顔・棋界・手づる タテ29~ スイミング・年払い・コードレス・不埒・オーラ・インターフェア・リードギター・デフォルメ・ホス…

続きを読む

強剪定

今日は38.2℃ 13日連続の猛暑日 以前から依頼していた植木屋さんが やっときてくれた 涼しい内にと 朝 6時半から 作業開始して 5時間  庭が見違えるようになり 風がよく通るようになった でも 同時に陽も入るようになって ちょっと 困るくらいだが    とにかく 丈を短くしてもらったので すっきりした 今回は 大きな木だけ 10本をお願いしたが(シュロ…

続きを読む

NHK短歌「龍 ・辰」 

選者 松村正直 ゲスト くわばたりえ 司会 星野真里 カン・ハンナ 特選の発表 三席 空渡る龍のつもりかそよ風にゆらりゆらりと山芋の茎 三条市 佐藤勇二 二席 龍の背に立つ心地せり雑草の刈らるる土手に風吹きおれば 朝霞市 松本志李 一席 朽ちることさえ許されず風に耐え辰子も像は田沢湖に立つ 藤沢市 青木賀介 金色が切なさを感じる 秋田県田沢湖の湖畔に立つ金色…

続きを読む

本を買う

今日も猛暑日 もう11日も続いている 午前中に用事が終わったので ゆっくり本屋に行った 先日娘が 原田マハの本はどう?面白そうだよ といっていたので 探してみた 楽園のカンヴァス ・・・ これは前に 娘が贈ってくれた本 ルソーとピカソのカンヴァスにかけた想いだが 当時は忙しくて途中でやめてしまった 続きを読もうかな と思ったけれど 新しい本にも興味がある 隣に ゴ…

続きを読む

プレバト俳句と水彩画

先週のプレバトは 水彩画査定スペシャルだけだと思っていたら 後半は 俳句の名人特待生の一斉査定だった お題は「本棚」の写真で一句 (これといった季語が見当たらない難しいお題)  査定・添削 夏井いつき 昇格試験 特待生4級 森口 ・謎解きの頁(ページ)蜘蛛は果てている 助詞「に」の是非  1ランク昇格 言葉の経済率がいい に は場所の助詞 淡々とした描写がいい 直…

続きを読む

NHK短歌「破」

選者  寺井龍哉 ゲスト 篠山輝信 司会 有森也実  特選の発表 三席 あなたとは夢の見方が似ていたの破れ方だけ少し違って  美浜町 木々乃なつ 二席 秋彼岸破れ靴下つくろいし母の思い出ひとり占めする  美波町 下町 昭 一席 伊予灘に破線のごとく雲浮かび凪ぎを跨ぎて周防にいたる 松山市 宇和上 正 広々とした光景 凪を跨ぎてという表現 雲の繋がっている様子…

続きを読む

NHK短歌「電話 スマートフォン」

選者 小島なお ゲスト 矢部太郎 司会 星野真里 カン・ハンナ 特選の発表 三席 昔から私を君と呼ぶ恩師「元気か君は」と電話してくる 那珂市 小野瀬 壽 二席 久しぶりに話せてよかったまた話そう電話の余韻の手紙が届く 渋川市 忽滑谷三枝子 一席 電話にも友の絆の糸があり話しているとき気をつけなければ 神戸市 藤濤英介 顔がみえないけれども 電話の向こうにちゃ…

続きを読む