NHK短歌「地」

resize1336.jpg


題は「地」または自由 選者 佐佐木定綱  ゲスト 宅間孝行(俳優・監督・脚本家)司会 星野真里

特選の発表

三席 もっともっと春の地面をゆきたくて遠回りしたがるスニーカー 平塚市 風花雫 春を喜んでいるのは スニーカーという擬人化

もっともっと は 字余りだが あふれ出る感情が出ている

二席 地下鉄は鯨のごとく息を継ぎ我らプランクトンの面持ち 世田谷区 長井 めも 地下鉄が鯨の息継ぎのようだという美しい比喩 

一席 古書店を本の地層とするならば人差し指はピッケルとなる 上尾市 佐藤 研哉 本屋にはいろんな地層がある 指の形がピッケル

本を選ぶのが楽しくなる 自分だけの本を発掘する 人差し指がピッケルがいい

短歌というドラマ 題は「地」

作者 時田則雄 ・五百トン牛糞買ひぬ作付図D地六町歩ビートを植ゑむ  職業詠 ビート 甜菜
 
六町歩は6ヘクタール(東京ドーム一個分)D地
 農地の一部 数詞と動詞の組み合わせ 五百トン  10トントラック50台分

簡単な動詞で治めている 簡単な話ではない 独特な用語とスケールの大きな数詞 そっけない動詞(の組み合わせ 作者が背負う仕事

作者だけに見える景色が見える 

仕事を詠む 

・地響きのような拍手や笑い声そのためならば血反吐吐いても 宅間孝行 → 地響きのような拍手を追い求めペンの先より血反吐を垂らす

・地下鉄が求め続ける陽光のようだカーテンコールの拍手 星野真里 添削なし  地下鉄がいい ようだ で 切ったのがいい 役者の矜持

職業詠とは その人にしか実感できない仕事の世界を伝えてくれる歌 

今月の歌について  その人が仕事に生きる唯一無二の地点から詠う 

☔ 楽しい回だった 職業詠は勉強になったけど・・・私は?
posted by たみ at 20:05Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント