友人の電話

resize0551.png


朝から曇っていて 寒い! 風も冷たいので 散歩はお休み~

そんなとき 友人から 電話があった

絵を描いている友人 お互いにご無沙汰していて 近況報告の長電話になってしまった

その後 今度は 短歌の友人から 興味深い話を聞いた

小佐野 弾 という人の短歌が面白いから 読んでごらん というので

さっそく いわれた短歌雑誌を探した あの小佐野賢治は大伯父にあたるそうだ

政商の人生 小佐野 弾

・諦念を振り払いつつらんらんと野を駆けてゆけ 賢治少年 (大正6年 山梨 勝沼にうまれた)

・貧しさは果てなきものかどこまでもひろがる葡萄畑のやうに (とにかく貧しかった)

・落花生麻袋詰三匁しめて三億適正価格 (ロッキード疑獄)

・渦巻ける砂塵のなかに薄らいでまもなく消えゆき甲斐の山 (昭和61年10月 死去69歳)

こんな感じで60首 小佐野賢治の一生が詠まれていた 

確かに面白い でも それを面白いと感じ 生き生き話してくれる友人が凄い!

友人といっても 短歌を通して知り合った90歳近い方 畑仕事や本・新聞を読むのが 楽しいそうだ   

杖をつきながら歩いているというが お元気な様子で嬉しい~ 機会があったらお目にかかって続きをお話したい!

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント