NHK短歌「手紙」

選者 小島なお ゲスト 中岡創一(ロッチ) 司会 星野真里 カン・ハンナ 特選の発表 三席 長き手紙書かむともりが前略と書きたる後にグッピー見つむ 多摩市 谷澤紀男  二席 メロン届き礼状書くに後半の文章なかなか難しきかな 東村山市 岡本和子 後半の”な”の音の響きに逡巡を感じる 一席 新しい雨靴のこの履き心地あの世へふみを書きたい気分 高槻市 長沢 英治 明るい…

続きを読む

明日こそは!

今日の最高気温24℃ めっきり秋らしくなった どちらかといえば 寒がりなので 結構応える 今日は 長袖のブラウスに薄手のカーディガンを羽織っていた 晴れの天気が続く今の内に 夏物を仕舞って 秋冬ものに入れ替えよう 家族の分は済ませたけれど 自分のものは まだ ・・・ 早くしようと思いながら なかなか 出来ない 明日こそは! 衣替えをしよう

続きを読む

ウォーキング

爽やかな朝を迎えた いつものように 家で細々と雑用をしていた こんな日は お出かけして 少し歩いたらどう?といわれ 久しぶりに 公園へ 行くことにした   桜や紅葉のころは よく通った公園だが このところ ご無沙汰していた 運動が大切ってわかっているけど 元来 腰が重い そこで 渋々と?ウォーキング2キロコースをもとに 歩いてみた 緑に包まれた公園を 汗をかく…

続きを読む

りんどう

今日は りんどうの花を描いてみた 秋になると 菊の花とりんどうの花束が 目に付く かなり前に買ってきて 気になっていたが 今日やっと描くことになった 描きながら ふと りんどう峠 という歌を思い出した ♪りんりんりんどうは濃紫 姉さの小袖も濃紫 絵に 歌詞を添えて 絵手紙っぽくしたかったけど 上手く書けなかった せめて 濃紫 は 濃むらさき ってかけば…

続きを読む

クロスワード641回

季節がいっきに進み 朝は 肌寒い 雨上がりで 庭もぬれているので まずはクロスを ・・・ とか何とかいいながらクロス優先? 今週は 何? 漢字パズルがある 楽しみ~ タテ1~ 走り高跳び・にせ・漢字・夜行列車・過去・陸路・不等式・王・苦手・アムンゼン うろん(胡乱)・夜更け・岩石・ブラウン管・ドラム・ユーカリ・つげ・突き上げ タテ29~ 文化庁・たこ糸・深海・オイ…

続きを読む

プレバト 俳句

査定 添削 夏井いつき  今回は 林修 さんが俳句に挑戦 お題は 第一問「黒板」で一句 ・望月や無駄一つなき我が板書  才能あり 基本の形をきっちりしている 中7が少々自慢 説明し過ぎ 一つを落とす  → 望月は明し無駄なき我が板書 第二問「白米」で一句 ・おつかいんの坂や新米二十キロ  才能あり おつかい で 子どものイメージ 前半の展開がシンプル 後半は 季語と…

続きを読む

プレバト 水彩画

今夜は3時間 まずは 水彩画コンクール だった   優勝は 光宗 薫 の 「起点で待つ」 日本橋 有名なのは 麒麟の像 作者弁 ポイントは見上げたときの迫力 麒麟の像に力を入れて描いた  評価は 満点  良い点は 実物は暗い像だ明るく描かれている まずは 像に目がいき 次は緑の木に移り また 像に戻る 動きのある構図 野村先生が 負けを認めた 傑作となった 俳…

続きを読む

参拝

時折雨がパラパラ降っている そんな中 朝一番で用事に出掛けた 話がスムーズに進み 思いのほか 早く済んで 一安心 雨も 大したことなさそうなので ちょっと遠回りをして 車を走らせた 神社があったので お参りをすることにした ”二礼二拍手一礼” の作法が なかなか身につかないが 確かめながら 参拝した 願い事が 叶いますように・・・    

続きを読む

下手でいい 下手がいい

先日来より はがきに庭の花を描いている ほんのちょっとの時間 草取りの合間に 描いている 今日は 紫苑の花  紫色の花が風に揺れて 美しい いつものように上手く描けないけれど 絵手紙風に 何か言葉を添えたい  これが また 難しい~  小池邦夫の ”下手でいい 下手がいい” に元気をもらって 懲りずに描いている 

続きを読む

敬老の日

今年も 敬老の日のお菓子をいただいた 母への贈り物なのだが 母は後で ということになり お相伴の私たちが 喜んでいる   まずは大きな最中が 目に入る・・・さっそく一休みして いただくことにしよう こういう時は日本茶 なんだけど 若い?人は コーヒーがいいかな? 元気が出たところで もうひと頑張りしよう!  敬老の日でもなんでも しなくてなならない事が…

続きを読む

彼岸花

雨が上がったので 庭に出た 庭の隅に 緑が濃くなって居る場所がある ずっと気になっていたので 今日こそはと近くに寄ってみると 真っ赤な彼岸花が咲いていた 今年は咲かないと諦めていたら いつもと違う場所に咲いていた 根が 土の中で 移動しているのかな? 彼岸花といえば 歌会会場の入り口の植え込みに 彼岸花の一群があった 真っ赤なまつげを跳ね上げたような花…

続きを読む

クロスワード640回

パソコンの調子が悪く 手間取ってしまった タテ1〜 あまのじゃく ダニ たらちね ヤニ マジ切れ 精度 イガ 最大級 シャモ 破れかぶれ サルスベリ エッチ 伊達 既成事実 口コミ 鮎 達人 タテ28〜 ログキャビン 納言 組合 右折 草津温泉 横須賀 固定客 カンタータ 万国博 臼 うわて 火事 嫡子 文体 フリー 誤算 つけ マン かり ヨコ1〜 安達太…

続きを読む

墓参 

今年の秋の彼岸入りは19日だそうだが いろんな都合で今日お墓参りに行ってきた 早いかなと思いつつ 歩いていると 何組かに会い 挨拶を交わした 手には同じような供花を持っていた お寺の前の花やで求めたらしい 家でも 花やで 菊 カーネーション りんどうの束を買い それに 庭の紫苑を加えた 墓石の横には ピンクの百日紅が咲いていて 華やいで見えた    そういえ…

続きを読む

プレバト俳句

お題は「たまご」の写真で一句 査定・添削 夏井いつき 昇格試験 特待生一斉査定 黄身混ぜる汝も吾も真顔薯蕷(とろろ)汁 1ランク昇格 → 薯蕷はひらがなで とろろ 秋暁に肘掛けで割る茹で卵  現状維持 必要な言葉を入れ忘れている バスの肘掛け → 秋暁のバス肘掛けで割る卵 長き夜や黄身ゆるやかに殻を離るる 5・7・7 1ランク昇格 スローの映像の描写がいい→下5を…

続きを読む

万歩計

万歩計を買った 何個目だろう いろんな機能のあるものは 使いにくいので 今回は 一番シンプルなものにした そのため 毎朝 楊子で リセットしなくてはならない 記録の機能ないので・・・その日限り・・・ まあ それはいいとして 今日は 万歩計のために?歩くことにしよう でもただ歩くのは苦手なので 買い物に 歩いて行った おかげで 久しぶりの9000歩…

続きを読む

プレバト俳句

お題は「イヤホン」の写真で一句 査定・添削 夏井いつき 9月10日放映分 二位 無線絶え耳に風 見上げ、月 あえて中5音 読点が効いている 遭難したかのような印象 絶えがいい センスがいい 四位 帰り道君とあいみみ夕月夜 あいみみ 君とイヤホンを分け合って聴く 帰り道が問題 →例えば 長身の とか 大股の 三位 イヤホン分け笑う兄弟夜半の秋 状況はいい 微笑ましい 季語…

続きを読む

サルスベリ

今日は サルスベリ(百日紅)を描いてみた 実際はもっと華やかに 赤々と 咲いている 上手く絵に出来なくて 恥ずかしい~  ちょっと地味になってしまった せめて 本数を増やせば良かったかも・・・ 百日間 咲き継ぐといわれているので まだまだチャンスはあると思う またの機会に挑戦しよう

続きを読む

シュウカイドウ

朝一番で 庭の手入れをしていたら 雑草に混ざって シュウカイドウ(秋海棠)が 咲いていた 大きな葉っぱに小さな花 いつ見ても可愛い~ ちょっとうなだれて居るところが また いい 庭隅に ひっそり咲いている シュウカイドウ 子どものころの庭にも咲いていた思い出の花  例によって上手くないが・・・描いてみた・・・    

続きを読む

クロスワード639回

朝から曇り だいぶ涼しくなってきた 庭掃除も気になるけど まずは クロスから・・・ タテ1~ サヨナラ勝ち・野尻湖・かやく・湾・落着・シーン・都々逸・モカ・ドラマ・ローマ数字 ファックス・一瀉千里・ジルバ・米麹・新開地・神父 タテ25~ リズム・特許庁・輪転機・召人・気骨・農地・コアシステム・閏年・有為転変・素顔 ベーシック・居直り・新築・トナー・インク・あ段・ベ…

続きを読む

プレバト俳句 

お題は「箸」の写真で一句  9月3日放映分 査定・添削 夏井いつき 三位 いくもの月乗り越えて夫婦箸  月がわからない 月を立てる句にする → 幾とせの月よ今宵の夫婦箸 四位 箸難し泣く子が仰ぐ流れ星 星にお願いという発想が陳腐 仰ぐは不要 → お箸むずかしいと泣いて流れ星 二位 夏の風邪祖母の特盛りハンバーグ メニューに意外性 思い出 体験はいい句になる → 夏風邪や…

続きを読む

クロスワード638回

急がなくっちゃ ・・・  タテ1~ 処世術・おかみ(女将)・紺・仏頂面・餌食・すべ(術)・停車場・家・つくね・雲隠れ いゆう(畏友)・右四つ・巡査・幸・オンライン・美男子・無駄遣い・加賀 タテ26~ お家芸・近距離・三毛猫・しし唐辛子・赤字国債・卵黄・甲・家移り・皿洗い・千鳥足 ダリ・免訴・メンチ・しのう・滂沱・ダニ・寄与・族 ヨコ1~ 塩昆布・エステティッ…

続きを読む